ついに事務所を移転することに

オレも自分のIT会社を始めて丸3年、売上は急上昇し、従業員も増えた。
増えた従業員は、同じビルに部屋を借り増して、そこに入れていたんだが、
それだとやはり意思共有が難しくて仕方ない。
部署ごとに違う階にいるような状態だから、部署のメンバーがどうしても、
他の部署の事情に疎くなり、自分の部署のことしか考えないようになりがちだ。

そこで会社が3年経ったのを機に、事務所を引っ越しすることにした。
これまでも早く引っ越ししたいと思ってはいたのだが、急成長中の会社だから、
日常の業務が一杯一杯で、そこまで気が回らなかった。
でもそう言っているうちに、事務所環境はどんどん悪化、
日常の業務にも支障をきたしかねない状況になってきたから、
もう「待ったなし」というわけだ。

このサイトでは、オレ自身の備忘録を兼ね、事務所引っ越しのその時々の状況を、
時間の許すかぎり、書き連ねていきたいと思っている。
まあ大したことは書けないと思うが、これから事務所を移転するという人にとっては、
多少は参考になるところもあるのではないかと思っている。

まずは目的をハッキリさせなくては

事務所を引っ越しするとなると、やはり「目的」が大事になると思う。
やはり仕事はどんなものでも、目的と目標をハッキリさせなければ、
うまくいくということはない。

引っ越しは、社員は日常の業務を並行してやりながらしないといけないわけだし、
引っ越しをすることによって、前よりかえってオフィス環境が悪化したという話も聞く。
目的をハッキリさせ、それを社員の全員に徹底させることは、
やはり引っ越しを成功させるために、何より重要になってくるだろう。

今回の引っ越しの目的は、何と言ってもまず、各階に分かれた部署を、
ワンフロアに統合することにある。

部署が各階に分かれていると、部署の風通しが悪くなって仕方ない。
この頃では、社員がだんだん、自分の部署のことしか考えなくなってきたような気がする。
お役所じゃないんだから、そんなことしていては、会社なんてすぐ潰れてしまうんだが、
これもオフィス環境も、原因の一つではないかと思っている。

それから今、会社は急成長しているから、今後も社員は増えることになると思う。
社員が増えても、ほかのフロアにはできる限り部屋を借りなくていいように、
広めの部屋を借りるようにしたいと思う。

場所はやはり、IT企業なんだから、六本木だよな。
アークヒルズなんか最高なんだけどな。
今は五反田にいるんだが、ほかの会社のやつと打ち合わせするのにイチイチ不便だし、
それに五反田というと、何となく、会社のイメージも悪くなるような気がする。
六本木に引っ越して、うちの会社もきちんと一流IT企業の
仲間入りをしたいとも思っている。

まあ事務所を引っ越しすることの目的というと、うちの会社の場合、
こういう感じになると思う。